入口 > ☆ musthave

☆ musthave

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

”Any mind short&short #6" vol.2

2007-03-13
 前回の続きです。今回でこの話は終わりです。少し長いですが、もし暇があればお付き合いください。
 ちなみに前回の話は⇒http://bengine.blog89.fc2.com/blog-entry-34.html


【京子 2】

 京子の日記より

5月13日
 学校から電話が掛かってきた。どうやら父親に宛てた手紙を書く授業があるらしくどう対応すればいいか相談された。学校で和也はそういう事が原因でいじめられたりしてないか心配だ。

9月2日
 和也の部屋を掃除していたら、引き出しの中から私が仕事に行く時に書き置きするメモが大量に出てきた。しかも大事そうに全て折りたたんであった。思わず涙が出てしまった。

【和也 2】

 和也が初めて異性を本気で意識し始めたのは中学生の頃だった。『好き』という気持ちよりも何というか恋に恋するといった感じで日々、意中の女子の事ばかりを和也は考えていた。当時和也が想いを相手に伝える方法として考えたのが、誰かにその子を呼び出して来てもらって直接想いを伝えるか、手紙に募る想いを書き綴り、下駄箱か引き出しにこっそりしのばせる方法だった。和也はその時、手紙で伝える方法を選んだ。理由は、ただ単純に直接会って告白する勇気がなかったのだ。しかし和也は会って告白するよりも勇気がいるような文面の手紙を書いていた。
 この頃和也は、世間一般的にいう思春期というものに突入していたらしく京子ともまともに話す機会がなくなっていた。機会がなくなったというよりかは和也の方が一方的に京子を避けていたのかもしれない。この時代にメールというシステムがあったなら和也と京子も、もっとコミュニケーションがとれていたのかもしれない。いやおそらく思春期というのはそういった事ではなく誰もが一度は経験する意味不明の自己制御が効かない時期なのだ。

【京子 3】

 京子の日記より

7月8日
 和也の机の上に書きかけの手紙があった。読んでみるとこっちが恥ずかしくなるようなラブレターだった。あの子も、もうそんな年頃なのか・・・そういえばあの子は最近、私と中々話そうとしてくれない。それも年頃のせいだといいけど。それよりもあの子が好きな女の子がどんな子なのか気になる・・・

【和也 3】

 和也が高校生になる頃、京子が見知らぬ男を家に連れてくる事が頻繁にあった。その男はやたら和也に対して馴れ馴れしく極端な話、父親面をしてくるのであった。和也はそれがかなり腹立たしかったらしく、その男が家に来た時はなるべく友達の家に行ったりした。京子はその男についての話を和也にはしてこなかった、和也が露骨に嫌な顔をするからだ。この頃の和也は、それどころではなかった。自分の学校生活の事、特に女の子の事ばかり考えていた和也にとって京子とその男の事など興味すらなかったのだ。
 この頃の和也には目の前の現実から逃げる力が多少なりともあった。幼い頃は自分が置かれている状況から逃げ出せない事が辛かったし、だから早く少しでも大人になりたいという願望を誰よりももっていた。その逃げる力とは家に帰らなくても多少生活が出来たり、それをさせてくれる友達の力だったりした。高校生の和也は確実に京子の事を母親として見ていなかった。親として子供を育てるのが当たり前であり一度離婚したのだからもういいじゃないか、というのが和也の本音だった。

 ある日、和也は京子から衝撃的な事を言われた。あまりにも唐突だったその話しに和也はかなり困惑した。ある日京子が買い物に出かける時、和也も暇だったのでついて行く事にした。その買い物に出かける途中の車内でその話しを聞かされた。
「あなたはいつもあの人の事を見ると嫌な顔をするし、ろくに口も聞かないわよね」
 もちろん『あの人』というのは例の男の事だった。
「でもね、これだけは分かってほしいの。今の私たち親子はあの人のおかげで生活出来ているの、和也の学費にしてもそうだし生活費だってそう。今から行く買い物にしたってあの人のおかげなの。それは分かってほしいの」
 高校生だった和也に突如リアルな現実が降りかかった。その時の京子があの男に対して和也に恩を感じさせようとしたのかどうかは分からなかったが、かなりの嫌悪感に襲われた和也は、今まで以上に京子と話す事を避けるようになっていった。

 あの話をされてから和也は今まで何とも思わなかった事がやけに気になり始めていた。普段食べているご飯の事や学校の授業料の事、あらゆるお金に関連する事が気になってしまうのだ。考えてみれば分かる事だった、確かに昔に比べて京子は働きに出る事も少なくなっていたし、その割には普通の生活が出来ていた。何気にお小遣いとして渡されていたお金にしたってそうだった。全てあの男のおかげだと感じてしまう度に和也は嫌気がさしていた。そんな事からどうしても和也はあの男が好きになれなかったのだ。

【京子 4】

 京子は離婚して以来、女手一つで和也を育ててきた。その間、昼も夜もなく働き続けた。昼はパートに出て夜は飲み屋で働いた。しかしその京子の頑張りは和也との距離を遠ざけていくばかりだった。それと同時に京子は人恋しさとも戦っていた。そんな時吉田明彦と出会ったのである。吉田明彦はどこにでもいそうなサラリーマンだった、歳は京子より5つ上だった。吉田は京子と同じく離婚経験があった。二人が恋に落ちるまで時間はかからなかった。しかし京子と吉田が乗り越えなければならない問題があった、和也との事だ。果たして和也が吉田との事をどう思うかだ。その時の京子は吉田への気持ちを抑える事が出来なかった。何の説明もなく家に吉田を入れ始めた京子への和也の対応は今まで以上に冷たいものだった。

【和也 4】

 和也は高校を卒業後、大学へと進学した。大学へ進学する事を勧めてきたのは京子ではなく吉田明彦という男だった。吉田というのは和也達親子を養ってくれているあの男の事だ。和也が進路に悩んでいた時、京子はこういった。
「もし大学に行きたいのなら行ってもいいのよ。お金の事なら心配しなくていいから」
 京子は何故か『お金』の部分だけ小声だった。
「あの人はあなたが大学に行く事を勧めていたわよ。これからは大学くらい出た方がいいって」
 吉田と京子は頻繁に会うようになっていたが和也の前で会う事は少なかった。おそらく和也に気を使っていたのだろう。和也の方もそれなりに前進した事があった。前ほど露骨に吉田に対して嫌な顔をしなくなったし、会う事があれば挨拶くらいした。そんな風に過ごしていくうちに和也は、吉田の後押しもあり大学受験のために本気で勉強に取り組くむようになった。その甲斐もあって見事和也は、大学に入学する事が出来た。合格発表の日、和也は京子と吉田と3人で高そうな料亭に合格祝いという名目で行く事になった。この頃になると和也は、前のように吉田と会っても露骨に嫌な顔を見せる事はなかった。しかしそれ以上の進展はなく、こういった風に一緒に食事に行くなんて事もこの時が初めてだったのだ。一通り料理を食べ終えた後、和也は吉田に対して初めて心から感謝の気持ちを「ありがとう」という短い言葉で伝えた。それに対して吉田は「そんなお礼なんていいから、頑張ったのは和也君だし私は陰ながら応援させてもらっただけだから。それよりもこうやって一緒に食事が出来た事が私にとっては喜ばしい事だからね」と吉田は笑顔で答えた。その時京子は、吉田の隣で泣いていた。そんな京子の姿を見た和也は、自分の心の中に引っかかっていたわだかまりが解けていくのを感じ始めていた。

【京子 5】

 京子の日記より

10月13日
 この日は私にとって特別な1日となった。何より和也が念願の大学受験に合格したのだ。その後あの人と3人で食事に行った時、和也があの人にお礼を言ってくれた。あの言葉が本心じゃなくても私は本当に嬉しかった。私とあの人の関係を心から喜んでもらえる日は遠くないかも・・・・そう思ってしまうのは私のわがままなのかもしれない。

12月15日
 携帯電話のメール機能を初めて使ってみた。こういった事が苦手な私にとってはかなりの進歩だと言っていいと思う。そのうち和也ともメールが出来るようになるといいなと思う今日この頃。

6月1日
 和也にはメールで伝える事にした。今は大学の近くに住んでいるから会えないという事もあるし、電話よりもメールで伝える方法を私は選択した。

【エピローグ】

『久しぶりだね、元気にしてたかい?!お母さんは元気だよ!こうゆう大事な話しは本当なら会って話すのが一番なんだけど、メールという形で伝える事を許してね』

 京子から送られてきたメールの内容を理解するのにそれほど時間は必要なかった。これで良かったんだ、いつかこうゆう日が来る事を和也は覚悟していたし、それについてとやかく言う気は全くなかったからだ。

『お母さん今度再婚する事が決まったの!!!あなたには色々迷惑かけてきたよね。勝手ばかりして生きてきたお母さんを許してね。これからの人生はこの人と精一杯幸せになります!!!あなたも早くいい人を見つけなさいよ、くれぐれもお母さんのような人はダメだからね。』

 色んな思いが頭の中を駆け巡っていく、幼少の頃から現在に至るまでの様々な思い出を一瞬の事のように和也は感じた。

『人生はまだまだ長いと思うから親子としての関係をこれからもっと
大事にしていきたいね。 母より、親愛なる和也へ』

 メールを読み終えた後、来週あたり実家に帰ってみるか、と和也は思いながら京子の携帯電話に短い文章で返信メールを送った。

『近々そっちに帰ると思う。最高に幸せになれよ!吉田さんにもよろしく! 親愛なる母へ、和也より』

 すぐに京子から返信メールが送られてきたが、その文面が堅苦しい敬語だったので思わず和也は笑ってしまった。

【an author tsukasa nakae】

 この作品を掲載する場所を与えてくれたベンジンに感謝!そして最後まで読んでくれた方にも心から感謝!
 今思うと何とも恥ずかしい文章ですが、私にとって初めての中篇小説だったので思い出深い作品です。
スポンサーサイト

”Any mind short&short #6" vol.1

2007-03-12
 この作品は半年前くらいに書き上げたものです。管理人のベンジンに載せてみれば、って言われたのでこの機会に載せることにします。少々長い文章なので3回くらいに分けて掲載させてもらいます。すごく暇でしょうがない、って方はお付き合いください。

タイトル【ボンド・ソース】


【プロローグ】

 佐竹和也は母親とのコミュニケーション方法として携帯電話のメールを使っていた。しかし和也はある事に気付いた。メール上での文面が何故かお互い敬語を使っているのだ。普段、母親の佐竹京子と話す時は決して敬語など使わない。では何故、メールだと敬語になってしまうのか、和也の考えはこうだった。母の京子は半年ほど前から初めて携帯電話のメール機能を使えるようになった。
「和也のメールアドレスを教えて欲しいんだけど」
 京子からいきなり電話でそう言われた時、和也は一瞬何の事だか分からなかった。話を聞いてみると携帯のメール機能をせっかく覚えたのだから息子ともメールをしてみたいという事だった。
「どうせ俺のアドレスを教えても使わないから意味ないんじゃないの」
 そうやって冷たく言ったその言葉だったが、実は京子に対する照れ隠しだった事を和也ははっきり覚えていた。要するに京子はメール初心者だから敬語の文章が普通だと思っている、というのが和也の考えだった。下手な今風の言葉を使われるよりはマシかもしれない、という思いもあった。和也が京子へのメールを敬語で返信する理由はというと普段手紙なども書かないし、そんなに腹を割って話す機会がない和也が京子に対して何か喋る事意外で物事を伝える時、それがメールなのだが、とっさに敬語文になってしまうのだ。おそらくその時の和也の心理は、口では言い表せない普段から感じている感謝の気持ちをせめてメールでは敬語として自分なりに伝えているつもりだったのだろう。そんな風に和也と京子は、メール上では敬語でやり取りを行っていた。
 ある日、和也はいつも通り大学の授業を終えアパートへと向かう途中、携帯電話の着信音に気付いた。和也は鞄から携帯電話を取り出し、着信相手を確認した。和也の電話を鳴らしたのは母の京子だった、電話を掛けてきたのではなくメールを送ってきたのだ。早速和也は今届いたメールを開いてみた。するといつもの京子からのメールとは何かが違ったのだ。まず文面に驚いた、いつもと何か雰囲気が違う。和也はすぐに気が付いた、いつものような硬い感じの敬語による文面じゃなかったからだ。普段話している口調の感じ、いや何かそれ以上に気持ちを感じとれる文面だったのだ。メールを読み終えた和也は、少し考えた後に京子への返信メールを作り始めた。

【京子 1】

 正式に離婚が決まったのは和也が2歳の誕生日を迎える直前だった。京子は24歳になる頃、幸一という男と結婚した。京子と幸一が出会ったのは、当時京子がウエイトレスとして働いていたレストランだった。客としてこの店を訪れた幸一は京子に一目惚れをした。それから毎日のように幸一はこの店に通い始めた。ある日、いつもどおり注文を取りに来た京子に幸一は思い切って手紙を渡した。その手紙にはこう書かれてあった。

“私の名前は高木幸一といいます。いきなりの事でビックリしたと思いますが初めてあなたをこの店で見た時、私の気持ちは決まりました。
この人しかいないと。もしよろしければ今度一緒に食事にでもいきませんか。連絡先を書いておきますので良かったら連絡ください。待ってます“

 この手紙がきっかけとなり京子と幸一は交際を始める事となった。
しかし半年後、思わぬ事態が京子を襲った。なんと妊娠してしまったのだ。当時は結婚してから妊娠するのが当たり前だっただけにこれを聞いた京子の父親は激怒した。幸一は責任を取るという形で京子と結婚する事になったのである。子供は男の子だった、名前は『和也』と父親である幸一が名付けた。幸せの絶頂であったはずの生活に少しずつではあったが変化が表れていった。事態が急変したのは和也が生まれて半年くらい経った頃からだった。幸一が家に帰って来なくなったのだ。理由は簡単だった、幸一が他所に女を作ったからだ。その事に京子はすぐに気付いたのだが和也の事で精一杯だったし、幸一に問い詰めたりするような性格ではなかった。和也が1歳になる頃には、幸一が家に帰ってくる事はほとんど無くなっていた。それでも京子は耐え続けた、だがそれも長くは続かなかった。幸一は家にお金をほとんど入れなくなったし、たまに帰ってきても酒を飲んで酔っ払い暴力を振るってくるだけだった。離婚を決めたのは京子の方からだった。幸一はあっさりその離婚を受け入れた。幸一が荷物を全てまとめて出て行った日の夜、京子は初めて幸一にもらったあの手紙を読み返していた。隣で寝ている和也に、泣きながら「ごめんね、ごめんね」と繰り返し言い続けながら。

【和也 1】

 和也が小学2年生の頃、学校の授業で『お父さんありがとう』というテーマを題材にした作文を書く時間があった。その時和也は、初めて自分に父親がいない事をリアルに感じたのかもしれない。その授業が始まると和也は担任の教師にこう言われた。
「佐竹君は従兄弟のおじさんの事を書けばいいんだよ」
 おそらく事前に担任教師と母が話し合った結果、こうゆう処置がとられたのだろう。まだ幼かった和也は、この意味をあまり深く考えられなかった。後日、和也は母の姉の旦那にあたるおじさんにその『お父さんありがとう』というテーマを題材にした作文を渡した。おじさんは笑顔でありがとう大事にするからね、と和也に言ってくれた。その時和也は、誰を想ったわけでもなくただ言われたままに作文を書き上げた。自分には父親がいないという事を微かに感じながら。
 父と母は和也が2歳の頃に離婚した。さすがにその事を母に詳しく問い詰めるほど和也は無神経ではなかったしそれほど気にもならなかった。紙切れ一枚の契約で結婚したり離婚したりする大人がいる。その紙切れ一枚の契約のために振り回される子供がいる。当時の和也はそんな紙切れ一枚の契約に振り回された一人なのだ。その頃、京子は普段働きに出ていたから家にいないのが当然だった。それが当たり前だと和也も思っていた。目の前にある現実から逃げる事も許されず、逃げる力も持っていなかった和也はただ時間が過ぎていくのを待つしかなかった。唯一の楽しみは学校から帰った後、テーブルの上に置かれていた書き置きだった。そこにはその日の夕飯が何であるかという事と置き場所が書かれていた。その書き置きを見ると和也は家に帰ったという実感がした。普通の家庭でいうならば、和也にとってその書き置きは母親が言う「おかえり」という言葉の役割を果たしていたのだ。当時、和也が楽しみにしていた書き置きも敬語で書かれた文面だった。

【an author tsukasa nakae】

no.2へ続く・・・

"His name is NAKAE"

2007-03-10
_0012361nn.jpg




彼は直立できない小説家。

このブログも彼なしでは語れない。

たまに見る変なポージングの写真も、

いきなり始まる短い物語も、

僕の映像に入るスパイシーなwordsも、

彼のフィーリングとタイミング。

そんな彼の名はNAKAE。

直立できない小説家。



_0012391nn.jpg



_0012308nn.jpg



http://nakae0120.blog96.fc2.com/


【the talk is 薫りはベンジン】

”Any mind short&short #5"

2007-03-05
【俺は演じている】

 彼が地元を離れてから五年ほどの月日が流れていた。仕事もそこそこ上手くいき始め、仲間もずいぶん増えた。知らない土地で生きてきた割には上手く過ごせているように思える。一見、何の悩みもないように思えるのだが、実は少し違った。彼には一つだけ悩みがあったのだ。

 幼き頃から目立ちたがりやだった彼は、友達を作るのも得意な方で常に仲間に囲まれるようにして育った。中学校から高校にかけて彼は少し間違った方向に走り始めた。喧嘩っぱやく何事も力でねじ伏せるようになり、それに従うように悪い仲間も増えていった。勉強は大の苦手で本を読むのは大嫌い、読むのは漫画ばかりで学校の授業もサボってばかりいた。色々な問題を起こしながらも何とか彼は高校を卒業することができた。卒業後の進路は迷わず就職を選んだ。しかも地元から離れた場所にある工場を彼は選んだ。理由は簡単だ。田舎暮らしに飽きていた彼は一度地元を離れたい、と前々から思っていたのだ。進学する学力は当然なく、家庭の事情も手伝って、収入の高い就職先を選んだのである。

 今まで自分が築いてきた仲間や地位、そんなものはいったん外の世界に出てみると何も役に立たないことに彼は気付いた。社会の荒波は彼を無情に襲った。礼儀作法を全くといって知らない彼にとって縦社会に対応することはかなりの苦労だった。逃げ出したい気持ちもあった。地元に帰れば安息の日々が待っているかもしれない。しかし彼は逃げることはしなかった。のこのこ帰ってしまえばきっと仲間たちに笑われる。そういったプライドだけは人一倍強かったし、家計を少しでも助けるためには働くしかないのだ。自分で稼ぐようになって初めてお金のありがたみを彼は知った。そして親がどれだけ苦労して自分を育ててきたことも。

 働いているうちに後輩も当然できてくる。人を教える立場になって初めて分かる苦労も経験した。恋人もできた。美人とまではいかないが、彼のことを一番理解してくれる女性だ。上司にも気に入られるようになった。仕事場での彼の評判は非常にいいものだった。彼のことを知る職場の後輩達は口を揃えて言う。

「あの人はすごいクールで仕事が出来るし、何よりも優しい」

 そういった環境の中で五年という歳月が流れていた。誰の目から見ても平穏無事に見える彼だったが、時々憂鬱になる時があるという。そのことに本人はなるべく気付かないふりをしていた。しかし周りの環境が良くなればなるほど、そのことが気になるばかりだった。その事とは

「今の自分は果たして本当の自分なのだろうか」

 という事だった。彼は今の自分を演じているもう一人の自分だと思っているのだ。昔からは考えられないほど無口になった。温厚で喧嘩などには無縁のような存在になり、どちらかといえば優しい、と周りに言われることが多くなった。勉強が嫌いだったはずなのに暇があれば仕事の勉強に打ち込み、資格も何個か取得した。昔からは考えられないほど頑張って世間に溶け込んでいる自分に悩むことが多くなっていたのだ。

 人間という生き物はもう一人の自分を演じることなく人生を上手く過ごすことは難しいのかもしれない。彼のように地元を離れ就職したことで新たな自分を演じて生きている人も世の中には多数いるだろう。しかしそれが良い事なのか悪い事なのか決める基準はなく。演じているのか演じていないのかを決める境界線もない。

 仲間達と酒を飲み、愛想笑いをふりまく。言いたいことも時には飲み込み、周りの空気を読む。周りからすれば良い人以外何者でもない。彼はそんな今の自分の姿に悩んでいる。好きな女性の前では相手のことを想い、嫌われないための努力もする。彼女が喜ぶ姿が見れるなら自分を偽ってでも頑張れた。そういった姿でさえも彼にとっては演じているもう一人の自分だと思っているのかもしれない。

 しかし彼は気付いていない。彼はすでにもう一人の自分など演じていないのだ。新たな人間関係を築くため、社会に適応するために最初は演じる努力をしてきた彼だったが、時間が経つと共にそのもう一人の自分は、本当の自分になったのだ。演じる続けることは彼を大きく成長させた。悩んでいるのは今の自分が嫌いだからではない。過去の自分と決別することに悩んでいたのだ。

 彼はこれから先、きっと気付くだろう。自分が演じ続けた先に手にしたモノの答えを。その答えとは。

『人は必ず変われる』と・・・

 間違った演じ方を続けてしまうと、過去の自分を捨てきれず、今の間違った自分も捨てきれない、本当の自分すら忘れてしまう可能性がある。もし今の自分に演じている部分があると感じたなら、まずは自分が思い描く理想の自分が演じれているのかを確認するべきだ。

 演じることなくありのままの自分で生きる。それが一番難しく、そして一番理想的だということは言うまでもない。

【an author tsukasa nakae】

※このテーマを与えてくれた仲間に感謝。。。

"JOJO'S STANDS #3”

2007-03-03
『ジョジョの奇妙な冒険』の魅力に惹かれ合うように、着実に広まりつつある『ジョジョ立ち』
このウェブの管理人代表は”ベンジン”である。
私は彼のウェブのページの片隅を借りてこのような活動を行っている。ここである疑問が浮上した。
”ベンジン”が『ジョジョ立ち』に参加していない。。。
これはどうなんだろう。いや、これは許されることではない。
同じ『ジョジョ』好きとしては許せない。
いつも私の『ジョジョ立ち』を撮影したり、遠巻きに笑って見せる彼の
『ジョジョ立ち』を見たい。
私は勇気を持ってカメラを彼に向けてみた。
彼の『覚悟』を確かめるように。

DSC04442.jpg


やはりベンジンは本物だった。
彼は本当に『ジョジョ』が好きなんだ。
とにかく安心した。
カメラのセルフタイマーをセットして2ショット立ち!!!

DSC04443.jpg


二人していい顔してる。『覚悟』している人の顔だ。
一つ言うなら私のポージングがいけてない。

DSC04374.jpg


そして着実に『ジョジョ立ち』をマスターしつつある男が現れた。
写真の向かって左に写る『覚悟』を持った表情の男だ。
これからの成長が楽しみである。
それと同時に彼に抜かれないような鍛錬が私にはもっと必要だ。

『ジョジョの奇妙な冒険』を詳しく知りたい方
http://annex.s-manga.net/jojo/
『ジョジョ立ち』のカリスマ的存在であり私の最も尊敬する方が指導してくれるサイトがこれ!ちなみにこのサイトを運営している方は私にとって神のような存在である。
http://www.kajipon.sakura.ne.jp/jojo.htm

『ジョジョ立ち』に興味がある方。やってみたい人募集中。
『ジョジョ立ち』に必要なものは「覚悟」であり「羞恥心」は必要ない

【the talk is nakae】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。