入口 > スポンサー広告 > スポンサーサイト ☆ えとせとら > "たしかなこと”

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

"たしかなこと”

2011-03-14
家もなくなり食べるものもなく不安に怯える被災者のみなさん

まだ限られた方法でしか救助活動をできない歯がゆさを噛み締めてるだろう現場のみなさん

被ばくの恐怖に怯え被ばくしてしまった自分の生まれ育った町を後にするみなさん

その被ばくの拡大を阻止しようと溶鉱炉の最前線で放射能の中で闘っているみなさん

がんばって生きてください



自分が1人でないように

被災地の人も

救助隊の人も

なにもわからないまま被ばくしてしまった人も

未来のために放射能の中に飛び込んでいった人も

みんな家族が、恋人が、友人が、いるだろう

悲惨な状況に

絶望が漂っているなか

それでも

家族を、恋人を、友人を、隣人を、

守ろうとしているだろう

一人一人が生きようとしているだろう




パンドラの箱の話をしってる?

むかし開けちゃだめって言われてたパンドラの箱を

人間は開けてしまった

パンドラの箱からは沢山の災いが飛び出したらしい

だけど

最後に飛び出したのは希望だった

その希望は世界中を飛び回って

人々を救ったとさ



起こるはずなかったかもしれない災難を引き起こしたのは我々だけど

いま大事なことは

バッシングじゃなくて

小さくてもいい希望じゃないだろうか

自分の感覚でいいとおもうことを

考えて行動すればいいとおもう

俺の周りにはそんな人達ばかりだとおもってる


自分の住んでる町は被災地からは程遠く

テレビ画面以外の目に見える

景色も人々も空も今起こっている事の現実みがないところもある

自分は

いままで世界で起こった大災害の時でも

なにかしてきたわけでもない

ただ自分がこの国に生きている実感が

正直

いま湧き上がっている

お前のせりふか?なんて言われるかな

でも

そんなことはどーでもいいのだ


小さな希望はもう世界中を飛びまわりだしている



EGO

F.E.S.N

REAL

関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。