入口 > スポンサー広告 > スポンサーサイト ☆ musthave > ”Any mind short&short #2"

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

”Any mind short&short #2"

2007-02-20
【LET IT BE】

 コンビニの店員はいちいち弁当を温めるか、温めないか聞くことに面倒臭さを覚え、タバコの銘柄を覚えるのにも苦労していた。何よりも今こんなところで働いていることに不安を覚えていた。

 仕事を終えた中年独身サラリーマンは、コンビニに売ってある風俗情報誌を周りの目を気にしながら読んでいる。その本に写っている風俗嬢たちは金さえ払えば体を売ってくれるのだ。結局、世の中金なのか。リストラと孤独と薄くなってきた髪の毛に不安を覚えていた。

 制服姿のタクシードライバーは、インスタントコーヒーを買い、コンビニに設置されているポットを使いお湯を注いでいる。不景気の街を走り続けて何年になるだろう。こうしてコンビニでインスタントコーヒーを作って飲むのには理由がある。缶コーヒーを買えば話は早い。しかし自分で作るということで少しだけ高級感を味わっているのだ。今日の売り上げの少なさと年々低下してきている視力に不安を覚えていた。

 厚化粧にキツイ香水を匂わせたお水の女性は、栄養ドリンクをコンビニに買いにきた。どうでもいい男たちの相手にはもう慣れた。色恋営業や同伴は仕事のためには欠かすことができない。女は若さがなくなれば商品価値は下がっていく。綺麗でいなければ世間から相手にもされない。三十路を目前としいるのに夜の世界から抜け出せないことに不安を覚えていた。

コンビニの店内には有線が流れている。洋楽チャンネルからある曲が流れ始めた。

when i find myself in times of trouble

mother mary comes to me

speaking words of wisdome

let it be

 流れたのはビートルズのレット・イット・ビーだった。
最初のフレーズの意味はこうだ。

苦しみ悩んでいる時には
聖母マリアが現れて
貴い言葉をかけてくださる
”すべてなすがままに”

 コンビニの店員は高校時代に音楽の授業で習ったこの曲が流れると何故か心が落ち着いた。当時、音楽教師が言っていた。この曲には意味が込められている。人生なんて”なるようになるんだ”と。この曲を耳にすると何故か人生なんて”なるようになるんだ”と思えた。

 風俗情報誌を読んでいた中年独身サラリーマンは読んでいた風俗情報誌を棚に戻した。目を閉じて曲に耳を傾ける。青春時代、憧れていたビートルズ。あの頃の自分は今の自分を想像できただろうか。いや想像できるはずがない。夢と希望に満ち溢れていたあの時の自分は一体どこにいったのか。人生なんて”なるようになるんだ”そう思ってた。でも現実は違った。頑張らないといけないんだ。生きるために。この曲を耳にすると何故か過去を思い出し、過去の自分を裏切らないために頑張ろうと思えるのだ。

 コーヒーに湯を注ぎ終えた制服姿のタクシードライバーは曲が流れ始めると、慌ててコンビニから出て行った。ビートルズが嫌いなわけではない。この曲を聴くと力が湧いてくるのだ。たかがワンフレーズでもそれは変わりない。不景気だからこそもっと頑張ろう。暇だからといって車内で寝るのではなくもっと街を走り回ろう。ビートルズはジョン・レノンが死んだ今もこうして世界に流れている。自分が死んだらきっとこの世から完全に忘れ去られるだろう。何か生きた証を残すんだ。死ぬまでにできるだけお客さんを乗せていこう。それくらいしか自分には出来ないのだから。明日、久しぶりにレコード屋に行ってみよう。もちろんビートルズを買うために。

 無意識のうちにお水の女性はその曲を口ずさむ。もちろん歌詞は知らない。流行の歌は嫌でも覚えなければいけない。それも仕事のうちだから。演歌なんて古臭くて嫌いだ。でもこの曲だって古いはずなのだ。でも何故だろう。いつ聴いてもこのメロディは心地良い。でもこれが一体だれなのか分からない。誰なのか急に知りたくなった。知り合いに電話を掛ける。鼻歌を使い必死で曲を伝える。誰か分かったらしい。携帯の着信メロディをビートルズに変える日は近い。

 この瞬間にもビートルズによって何かを得たり、何かを感じたりしている人間がどれだけいるだろう。コンビニという空間にたまたま流れたビートルズは少なくとも四人の微妙な心境の変化を手伝った。音楽によって人生が変わる可能性だってある。そしてその可能性をビートルズの音楽は持っている。

人生は”すべてなすがままに”

【an author tsukasa nakae】


関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。