入口 > ☆ musthave

☆ musthave

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

”Any mind short&short #4"

2007-03-02
【出会いと別れ・ある男の場合】

 温暖化のせいなのかどうなのか分からないが、例年にない暖冬な今年はいつもより早い春を迎えようとしていた。
 一人の男がどうでもいいような時間を過ごしている。そのどうでもよさも温暖化のせいなのかどうなのかは分からない。

 男は深夜の再放送ドラマを見ていた。よくある学園モノのそのドラマはどうでもいいような内容であり、そういえば去年も再放送されていたものだ。若い男女が出会ったり、別れたり。そんなシーンの連続だ。三月を迎えていた。しかし部屋のカレンダーは二月のままだ。
 男は考えていた。もう春だ、と。いつもより確実に暖かかった今年の冬はもう終わった。テレビの中にはいつも色々な出会いと別れがある。そういえば誰かが言っていた。
「春といえば出会いと別れの季節だよね」
 男は思った。それは出会いがある人が言う台詞なんだと。出会いがなければ別れなんてないじゃないか。
 どうでもいい再放送ドラマはエンディング曲が流れ始める。一応最後まで見届けると男はデスクに向かった。先日行われたアカデミー賞をチェックするためにパソコンの電源を入れる。
 ディカプリオはつくづくオスカーに縁がないんだなあ、などと思いながらマウスを動かしていく。そういえば俺って今までの人生で賞なんてものを取ったことがあっただろうか。それから男は考え事を始めた。

「春といえば出会いと別れの季節だよね」

 このフレーズが頭の中から離れない。思わずクシャミが出る。三回も続けてクシャミが出た。慌ててティッシュで鼻を押さえる。その時、男は閃いた。自分にまつわる出会いと別れを。春になると出会い、そして別れるものが自分にもあった。それは花粉症だ。幼少時から花粉症を持っている男はいつも春になると決まったように花粉症になる。そして春の終わりと共に花粉症と別れるのだ。男は何故か嬉しくなった。どうでもいいような事を閃いた自分を褒めてやりたい気分になったのだ。男はメモ帳を取り出した。紙の真ん中あたりに何やら書き始めた。

『花粉賞』

 男は自分で書いたその造語を見て満足気に頷いた。パソコンのモニターに写る華やかなハリウッドスター達。彼らが手にしたのはアカデミー賞、しかし私も賞を手にしている。それは「花粉賞」だ。あまりのどうでもよさに男は笑いが止まらない。ついでにクシャミがまた出る。今度は二回連続だ。きっと彼はこれからも毎年のように「花粉賞」にノミネートされるだろう。
 
 春は出会いと別れの季節であり、世の中には色々な出会いと別れがある。このどうでもいいような男にでも、こういった形で出会いと別れがあることに気付いた。人は皆、出会いと別れを無意識のうちに繰り返しているはずだ。

【an author tsukasa nakae】

"JOJO'S STANDS #2”

2007-02-27
今回、『ジョジョ立ち』遠征として京都に向かった。
歴史的建造物の前で果たして決めることができるのか。

DSC04377.jpg


緊張をほぐすために行きの新幹線で普段飲まないアルコールを注入。

DSC04375.jpg


彼女はまだこれから起こるであろう事態を理解していない。


~2時間後、ひとまず大阪に着いた。
早速ウォーミングアップを始める。
ギャラリーの視線は完全に無視。

DSC04379.jpg


DSC04380.jpg


DSC04382.jpg


雰囲気に後押しされたのか、彼女は『ジョジョ』を読んだことが
ないのに惹かれ合うようにポージングをとる。
しかしまだまだ動きが硬い。

~次の日、早朝から京都入り。
まずは金閣寺へ向かった。
さすがに観光客でにぎわっている。
しかし人目など気にする暇はない。わざわざ強行スケジュールで
乗り込んでいるのだ。全ては『覚悟』でどうにかなる。
そしてとうとう金閣寺立ち!!!

DSC04387.jpg


DSC04389.jpg


ついでに龍安寺で花京院立ち!

DSC04393.jpg


ぐずぐずしている暇はない。次の目的地は清水寺だ。
ターゲットは清水の舞台!

DSC04410.jpg


DSC04411.jpg


そしてとうとう彼女が吹っ切れた。

DSC06089.jpg


撮影を頼まれた観光客も唖然としていた。

DSC04414.jpg


清水の舞台の上に良く見るとジョジョ立ちを決めている人物が。
このアングルで撮るために来たようなもんだ。

吹っ切れた彼女はこの後、京都タワーをバッグに高度な
ポージングを決めてくれた!

DSC06099.jpg


強行スケジュールの中、ジョジョ立ちに付き合ってくれた彼女。
一般の観光客の皆様。そして歴史的建造物の関係者の皆様。
誠にありがとうございました!!!

DSC04422.jpg


とどめは、帰りの新幹線の中で流れた電光掲示板のニュース。
そこには確かに『波紋』の文字が・・・・・

【the talk is nakae】

”Any mind short&short #3"

2007-02-24
【駅○○○】

”とある町の一角では色々な人間模様が日々繰り広げられている”

 ある若者が友達と電話をしながら歩いていた。どうやら待ち合わせ場所を決めているようだ。駅を出た若者はどこで友達と待ち合わせるか考えながら歩いていた。かなりの規模を誇る駅の真下に位置するその一角には、大手ファーストフード店が通路を挟んで向かい合っている。そのファーストフード店とは「マクドナルド」と「ロッテリア」だった。人と待ち合わせるにはもってこいのその場所を相手に伝える時、果たしてこの若者はどちらの店名を使うだろうか。

 何気なく歩くカップルがいる。お茶でもしようかという話になったが少し小腹も空いた様子である。アーケードを抜けると「マクドナルド」と「ロッテリア」がある。果たしてこのカップルはどちらの店に入るだろうか。

 お店の前で割引チケットを配る「ロッテリア」のバイトの女の子がいる。目の前にはライバル店である「マクドナルド」がある。チケットを笑顔で受け取ってくれたにもかかわらず、そのまま「マクドナルド」に入っていく姿を見ると非常に空しくなる。このバイトの女の子は何故、「ロッテリア」を選んだのだろうか。

 「マクドナルド」のカウンターで一人、コーヒーを飲んでいるOLがいる。通路を挟んで向かいに見える「ロッテリア」には同じようにカウンターでコーヒーを飲んでいる女性が見える。10mも離れていないガラス越しに向き合う形で座っているはずなのに何故か「ロッテリア」にいる女性が憎たらしく見える。果たして何故、憎たらしく見えるのか。

 朝から晩までその一角にはファーストフードが飛び交う。

 「今、駅出たところだからとりあえず駅マックで待っとくわ」
待ち合わせ場所を選んでいた彼は、結局「ロッテリア」ではなく「マクドナルド」に待ち合わせ場所を決めてしまった。エスカレーターを下りるとまず「ロッテリア」の前を通る、その真横に「マクドナルド」は立っているのだ。「ロッテリア」の前で割引チケットを配る女の子が見えた。笑顔を振りまきながらチケットを配るその女の子を見ると何故か微笑ましかった。だからそのチケットも笑顔で受け取った。しかし受け取ったとはいえ向かう先は「マクドナルド」だ。後ろめたい気持ちもあったが、すでに友人に「マックで待つ」と伝えているためそのまま「マクドナルド」に入っていった。

 迷ったあげくカップルは「ロッテリア」に入っていった。何故なら彼女の方が「マクドナルド」が苦手だというのだ。昔、流れた噂でこんなものがあった。「マクドナルドのハンバーガーはミミズの肉を使っている」もちろん嘘に決まっているが、それ以来彼女は「マクドナルド」に行かなくなったし、ハンバーガーも食べなくなったというのだ。結局、彼はセットを頼み、彼女はコーヒーだけを頼むことになった。

 「ロッテリア」のカウンターは何故か少し向かいの「マクドナルド」より高い位置に設置されている。ようするに見下ろす形で設置されているのだ。「マクドナルド」にいたOLが感じた憎たらしく見える、という感情は見下ろされているところから無意識にきたのかもしれない。それとも自分が一人でコーヒーを飲んでいるのに対して向こうはカップルだったからか。どちらにしてもこのOLは良い気分ではなかった。

 彼女が「ロッテリア」で働くことを決めたのには理由があった。学生時代、この「ロッテリア」と「マクドナルド」の両方に通っていた彼女だったが、店員の対応や客層から「ロッテリア」の方に好印象を抱いていたのだ。しかもちょうどバイト先を探している時に「ロッテリア」の方は改装工事をしており、それにともなって新しいバイトを募集していたのだ。彼女は「ロッテリア」で働くことを誇りに思っている。なので待ち合わせ場所がこの辺りの時は決まってこう言う。
「とりあえず駅ロッテで待ってるね」

 ライバル店同士の戦いは色々な人間模様から生まれている。小さなことが積み重なり、それが売り上げとなって結果となる。この辺りを待ち合わせ場所に使う時、「駅マック」と言いうか「駅ロッテ」と言うか。それは時と場合によるのかもしれない。

【an author tsukasa nakae】

※この文章はマクドナルドとロッテリアを批判しているわけでも、どちらかに優劣があるという意味でもありません。あくまで私の空想の世界です。

 

”Any mind short&short #2"

2007-02-20
【LET IT BE】

 コンビニの店員はいちいち弁当を温めるか、温めないか聞くことに面倒臭さを覚え、タバコの銘柄を覚えるのにも苦労していた。何よりも今こんなところで働いていることに不安を覚えていた。

 仕事を終えた中年独身サラリーマンは、コンビニに売ってある風俗情報誌を周りの目を気にしながら読んでいる。その本に写っている風俗嬢たちは金さえ払えば体を売ってくれるのだ。結局、世の中金なのか。リストラと孤独と薄くなってきた髪の毛に不安を覚えていた。

 制服姿のタクシードライバーは、インスタントコーヒーを買い、コンビニに設置されているポットを使いお湯を注いでいる。不景気の街を走り続けて何年になるだろう。こうしてコンビニでインスタントコーヒーを作って飲むのには理由がある。缶コーヒーを買えば話は早い。しかし自分で作るということで少しだけ高級感を味わっているのだ。今日の売り上げの少なさと年々低下してきている視力に不安を覚えていた。

 厚化粧にキツイ香水を匂わせたお水の女性は、栄養ドリンクをコンビニに買いにきた。どうでもいい男たちの相手にはもう慣れた。色恋営業や同伴は仕事のためには欠かすことができない。女は若さがなくなれば商品価値は下がっていく。綺麗でいなければ世間から相手にもされない。三十路を目前としいるのに夜の世界から抜け出せないことに不安を覚えていた。

コンビニの店内には有線が流れている。洋楽チャンネルからある曲が流れ始めた。

when i find myself in times of trouble

mother mary comes to me

speaking words of wisdome

let it be

 流れたのはビートルズのレット・イット・ビーだった。
最初のフレーズの意味はこうだ。

苦しみ悩んでいる時には
聖母マリアが現れて
貴い言葉をかけてくださる
”すべてなすがままに”

 コンビニの店員は高校時代に音楽の授業で習ったこの曲が流れると何故か心が落ち着いた。当時、音楽教師が言っていた。この曲には意味が込められている。人生なんて”なるようになるんだ”と。この曲を耳にすると何故か人生なんて”なるようになるんだ”と思えた。

 風俗情報誌を読んでいた中年独身サラリーマンは読んでいた風俗情報誌を棚に戻した。目を閉じて曲に耳を傾ける。青春時代、憧れていたビートルズ。あの頃の自分は今の自分を想像できただろうか。いや想像できるはずがない。夢と希望に満ち溢れていたあの時の自分は一体どこにいったのか。人生なんて”なるようになるんだ”そう思ってた。でも現実は違った。頑張らないといけないんだ。生きるために。この曲を耳にすると何故か過去を思い出し、過去の自分を裏切らないために頑張ろうと思えるのだ。

 コーヒーに湯を注ぎ終えた制服姿のタクシードライバーは曲が流れ始めると、慌ててコンビニから出て行った。ビートルズが嫌いなわけではない。この曲を聴くと力が湧いてくるのだ。たかがワンフレーズでもそれは変わりない。不景気だからこそもっと頑張ろう。暇だからといって車内で寝るのではなくもっと街を走り回ろう。ビートルズはジョン・レノンが死んだ今もこうして世界に流れている。自分が死んだらきっとこの世から完全に忘れ去られるだろう。何か生きた証を残すんだ。死ぬまでにできるだけお客さんを乗せていこう。それくらいしか自分には出来ないのだから。明日、久しぶりにレコード屋に行ってみよう。もちろんビートルズを買うために。

 無意識のうちにお水の女性はその曲を口ずさむ。もちろん歌詞は知らない。流行の歌は嫌でも覚えなければいけない。それも仕事のうちだから。演歌なんて古臭くて嫌いだ。でもこの曲だって古いはずなのだ。でも何故だろう。いつ聴いてもこのメロディは心地良い。でもこれが一体だれなのか分からない。誰なのか急に知りたくなった。知り合いに電話を掛ける。鼻歌を使い必死で曲を伝える。誰か分かったらしい。携帯の着信メロディをビートルズに変える日は近い。

 この瞬間にもビートルズによって何かを得たり、何かを感じたりしている人間がどれだけいるだろう。コンビニという空間にたまたま流れたビートルズは少なくとも四人の微妙な心境の変化を手伝った。音楽によって人生が変わる可能性だってある。そしてその可能性をビートルズの音楽は持っている。

人生は”すべてなすがままに”

【an author tsukasa nakae】


”Any mind short&short #1"

2007-02-18
【逆デジャヴ】

 デスクに座ったまま寝てしまったらしい。タケスエは携帯電話を開き、時間を確認する。夜中の四時を少し過ぎたところだった。ポケットからタバコを取り出す。ソフトケースのラッキーストライクはくしゃくしゃになっていた。その中からタバコを一本取り出し口にくわえる。寝起きのタバコは特に上手いわけではなく習慣のようなもので、一種の目覚ましのようでもあった。
 パソコンのモニターはついたままだった。タケスエは二十六歳になろうとしていた。今は映像編集の仕事をしている。結婚式の映像編集の仕事が締め切りに追われタケスエは焦っていた。昨日もその仕事を一日中やっていたのだ。
 デスクに座ったまま寝てしまうことは一度や二度ではない。締め切りに追われれば追われるほど、そのような日が多くなるのだ。今、作業中の仕事は全体の半分ほど進んでいる、という状況だった。締め切りの日から逆算するとぎりぎりのペースである。タケスエは昨日の続きを始めるためマウスに手をのせる。慣れた手つきで映像編集ソフトを使いこなす。いつになくスムーズに作業が進んでいく。こんな時、タケスエは自分の才能のようなものを感じてしまう。
 作業を始めて一時間が過ぎた頃、急に腹が痛くなった。便意などではなく単純に痛いのだ。我慢することが出来ないほどの痛みに達した時、タケスエの意識は薄れていった。

 目を覚ますと時計の針は朝の七時を少し過ぎたところだった。目覚ましの音よりも先に目が覚めた日は何故か得した気分になる。先ほど見たはずの夢はリアリティのあるものだった。しかしその肝心な内容をタケスエは覚えていない。この時タケスエはまだ十六歳だった。十年後の二十六歳になった自分の姿を感じているのだが、覚えていないだけなのだ。
 
 夢は時として未来を伝えることもある。決められて未来は確実にある。それに気づくことは不可能だ。しかしそういった夢からの影響が本人の未来につながる影響力となっていることは間違いないのである。



【an author tsukasa nakae】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。